国際正規化比(INR)目標:心房細動およびフラッター

国際正規化比(INR)目標:心房細動およびフラッター

国際正規化比(INR)目標:心房細動およびフラッター

国際正規化比(INR)推奨事項は、2019AHA/ACC/HRSのガイドラインに基づいています2014AHA/ACC/HRSの焦点更新心房細動患者の管理のためのガイドライン。

-“nonvalvular AFはもはや使用されていません

-CHADS-VASc評価およびNOACsの使用の除外基準は、中等度から重度の僧帽弁狭窄または機械的心臓弁として定義されています。

-CHADS-vasc評価およびNOACsの使用の除外基準は、中等度から重度の僧帽弁狭窄または機械的心臓弁として定義されています。

-AF患者では、抗凝固療法は、脳卒中および出血の絶対リスクおよび相対リスク、ならびに患者の価値および好みについて議論した後、共有された意思決定に基づいて個別化されるべきである。

-NOACS(dabigatran、rivaroxaban、apixaban、およびedoxaban)は、AF/Flutterを有するNOAC適格患者(中等度から重度の僧帽弁狭窄または機械的心臓弁を除く)においてワルファリンよりも推奨される。

-ワルファリンで治療された患者の間で、国際正規化比(INR)は、抗凝固療法の開始中に少なくとも毎週、および抗凝固(INR in range)が安定している場合には、少な

-AFまたは心房フラッターが48時間以上の患者、またはAFの持続時間が不明な場合は、ワルファリン(INR2.0-3.0)による抗凝固が、心臓除細動の少なくとも3週間前および少なくとも4週間後に推奨される。

-AFまたは心房フラッターが48時間未満の患者で、CHA2DS2-VAScスコアが男性で2以上、女性で3以上の患者では、ヘパリン、第xa因子阻害剤、または直接トロンビン阻害剤の投与は、心臓除細動前にできるだけ早く合理的であり、その後ワルファリンによる長期抗凝固(INR2.0-3.0)が推奨される。

-AFまたは心房粗動およびCHA2DS2-VAScスコアが男性で2以上、女性で3以上の患者には、ワルファリンによる抗凝固(INR2.0-3.0)が推奨されます。

-AFまたは心房粗動および中等度から重度の僧帽弁狭窄症の患者には、cha2DS2-vascスコアワルファリン(INR2.0から3.0)による抗凝固が推奨される。

-機械的な心臓弁を有するAFまたは心房フラッターを有する患者のために、ワルファリンはCHA2DS2-VAScスコアに関係なく推奨され、目標国際正規化比(INR)強度(2.0-3.0または2.5-3.5)は、プロテーゼの種類および位置に基づいているべきである。

-AFまたは心房フラッターおよび肥大型心筋症(HCM)の患者には、cha2DS2-vascスコアにかかわらず、ワルファリン(INR2.0-3.0)による抗凝固が推奨される。

-AF/Flutterおよび末期CKDの患者、またはcha2DS2-VAScスコアが男性で2以上、女性で3以上の患者では、直接トロンビン阻害剤dabigatranまたは第Xa因子阻害剤rivaroxabanまたはedoxabanは、リスクを超える臨床試験からの証拠がないため、ワルファリン(INR2.0-3.0)が推奨される。-心臓手術後のAF/フラッター:

。 AFの複数のエピソードまたは24-48時間以上続く一つのエピソードを有する患者のために、我々は経口抗凝固療法の開始をお勧めしますが、出血リスクが許容 術後AF患者では直接トロンビンおよび第xa因子阻害剤の役割が確立されていないため、ワルファリンはほとんどの患者で選択されることを示唆している(国際正規化比2.0-3。0)

·我々は、患者が血栓塞栓症の危険因子を持っている場合は特に、洞調律に戻った後、少なくとも四週間の抗凝固を継続することをお勧めします。 抗凝固のより長い持続期間は高いCHA2DS2-VAScのスコアの患者の私達の専門家の何人かによって、HAS-BLEDに基づく出血のための危険度が低い、またはAFの再発*長期抗凝固は、AFに残っているか、四週間で発作性AFを持っている患者のために考慮されるべきです。

·術後心房性不整脈がないにもかかわらず、cox-Maze手術を併用している患者では、経口抗凝固療法を維持することをお勧めします。 AF再発なしで三ヶ月後、CHA2DS2-VAScスコアによる脳卒中の患者のリスクプロファイルを考慮して、抗凝固が中断されることがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です