犬や猫の病原体としての大腸菌

大腸菌の特定の株は、胃腸および腸外疾患を引き起こす犬や猫の病原体 腸管病原性大腸菌(EPEC),腸管毒素原性大腸菌(ETEC),腸管侵襲性大腸菌(EIEC),志賀毒素産生大腸菌(STEC)および腸管凝集性大腸菌(Eaggec)の五つの既知のグループのうち,epecおよびETECのみが若年イヌの腸疾患と明らかに関連していた。 下痢性イヌからのETEC分離株は熱安定性エンテロトキシンStaおよびStbに対して陽性であったが,熱不安定性エンテロトキシン(L t)に対して陰性であった。 イヌETECは,血清型,α-ヘモリシンおよび接着因子の産生およびいくつかのETECによる特徴のないタイプのエンテロトキシンの産生により,他の動物およびヒトのものとは異なることが分かった。 イヌEPECはヒトまたは他の動物のepecと血清型およびepecの腸粘膜細胞への親密な付着を仲介するeae-蛋白質インテミンによって区別できた。 STECは、健康で下痢性の犬の糞便から時折単離されたが、犬の下痢におけるその役割はまだよく知られていない。 EIECおよびEaggecは、イヌまたはネコに発生することは報告されていない。 猫の下痢性大腸菌についてはほとんど知られておらず、この主題に関するさらなる疫学的調査が必要である。 胃腸感染症におけるその役割に加えて、大腸菌は、泌尿生殖路の感染症および犬および猫の全身性疾患を引き起こす可能性がある。 腸外病原性E. イヌおよびネコ由来の大腸菌株は、限られた数の血清型およびクローン群に属し、これらの動物の正常な腸内細菌叢の一部として頻繁に見出される。 これらの大腸菌の緊張の多数はP fimbriaeを運び、アルファhaemolysinおよび壊死させる細胞毒素(CNF1)を作り出します。 イヌ,ネコおよびヒトからの腸外病原性大腸菌の頻繁に単離されたタイプのいくつかは、遺伝的に非常に関連していることが見出されたが、宿主特異性を決定するそれらのP-線毛接着剤の違いを示した。 腸外および経腸病原性Eの伝達。 イヌとヒトの間の大腸菌が報告された。 しかし、病原性大腸菌株の他の動物およびヒトへの伝達ベクターとしてのイヌおよびネコの役割を決定するためには、さらなる研究が必要である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です