聖書が祈りについて教えてくれるすべて

クリスチャンとして、神との関係を さて、何が祈っているのでしょうか? 私たちはどのように祈るのですか?

祈りとは何ですか?

聖書を通して、私たちは祈りが神に話していることをはっきりと見ています。 私たちが祈るとき、私たちは私たちがどのように感じるかを彼に伝えるために神に私たちの心を開きます。 マタイによる福音書第6章5-8節では、イエスは祈りについて語り、次のように述べています:あなたが祈るとき、彼らは人々が見るためにシナゴーグや広場の隅に立って祈るのが大好きなので、偽善者のようにならないでください。

あなたが祈るとき、偽善者のようにならないでください。 私はあなたを保証する、あなたはあなたの完全な報酬を受けています。 しかし、あなたが祈り始めるときは、あなたの部屋に入り、ドアを閉め、秘密にしているあなたの父に祈ります。 だから、秘密裏に行われていることを見て、あなたの父は、あなたに報酬を与えます。 そして、あなたが祈るように,異邦人がそうであるように話すだけで話してはいけません,彼らは彼らが彼らの多くの言葉によって聞かれることを想像 あなたの父はあなたが彼に尋ねる前に必要なものを知っているので、彼らのようにしないでください。p>

ここでは、祈りは私たちと神の間であり、他の人を感動させることではないことがわかります。 私たちは他の人が私たちを見て、私たちの言葉を賞賛したい場合、私たちの心は正しい態度を持っていません。 私たちが祈るとき、私たちの最大の願いは、神と時間を過ごし、私たちの心の奥底から神に話すことでなければなりません。 私たちの父は私たちが必要とするものを事前に知っているのは事実ですが、すべての良い父のように、彼は子供たちの声に耳を傾けるのが大好きです。

したがって、私たちは、祈りの重点は、神との関係を強化し、神に近づき、神の前で時間を過ごし、私たちの心を占めるものを神と分かち合うことでなければならないことを理解しています。 私たちは神との関係が重要で不可欠であるために祈ります。 私たちはどのように祈るのですか?

私たちは祈りの重要性を理解しているかもしれませんが、何度も私たちはどのように祈るべきか明確ではありません。 聖書は私たちに例を与え、助けます。 上記のマタイの福音書の同じ章(マタイ6)には、イエスの模範的な祈りとして知られている”主の祈り”があります。 マタイ6:9-13は言っています:

私たちの父

この祈りを例として取ると、私たちの祈りの一部でなければならないいくつかの重要な要素

私たちは、賞賛、礼拝と謙虚さの態度で始まります

マタイ6:9

最初は、私たちは私たちの賞賛と崇拝を示し、神と彼の聖さの偉大さを認識しなければなりません。 私たちの態度は謙虚でなければなりません。

私たちは神への信頼を表明します

あなたの王国が来て、あなたの意志は天国のように地上で行われます。 (v.10)

そして、私たちは彼の意志に服従し、私たちに起こりうる最善のことは、彼の王国が私たちの生活の中で現れることであることを確 私たちは、神の王国と彼の意志が私たちのために最善であることを完全に自信を宣言します。

私たちは私たちの要求を提示します

Matthew6:11

私たちは、その日のための神の提供を求めるために、私たちの嘆願書を提示するために行きます。 彼は日の間に私達が物理的な必要性を有し、それらを供給したいと思うことを知っている。聖書の祈り

私たちは赦しの重要性を認識しています

私たちは債務者を許しているように、私たちの借金を許してください。 (v.12)

私たちは彼の許しと彼の恵みの必要性を認識しています。 同時に,わたしたちは心を調べて,わたしたちを怒らせた人たちを赦し,恵みを与えて喜んでいるかどうかを見ます。 それは自分自身を検討する時間です。 私達は私達が私達の生命の神の許しのために感謝していることを知っている。 私たちの心は、私たちを怒らせた人たちに赦しを提供するために十分に変容していますか?私たちは誘惑と悪に対する勝利を求めます

マタイ6:13

私たちは彼の助けと誘惑からの保護を求めます。 わたしたちは,主がわたしたちを守り,誘惑と邪悪な者のすべての攻撃からわたしたちを救うことができる唯一の人であることを知っています。

私たちは再び彼を賞賛します

いくつかのバージョンが含まれます:

あなたは王国であり、力であり、栄光 愛だ

私たちは神への賛美と崇拝で終わり、神だけがすべての栄光と名誉に値すること、永遠は彼の手の中にあることを認識し

主の祈りについてもっと学びましょう。

主の祈りについてもっと学びましょう。なぜ私たちは祈るべきですか?

なぜ私たちは祈るべきですか? 祈りは私たちを父に近づけます。

祈りは私たちを父に近づけます。 彼は私たちに私たちの心を彼に開き、私たちの心を占めているものを彼に伝え、彼の助けと知恵を求める素晴らしい機会を与えてくれます。 ヤコブの手紙第4章8節は、”神に近づくと、彼はあなたに近づくでしょう。”そして、これは私たちが祈るときに私たちが何をすべきかです! わたしたちは御父に近づき,時間をかけて御父と話をし,御父に耳を傾け,御父の存在と仲間を楽しむことができます。 これが私たちが祈る主な理由です。 私たちが祈るべき理由は他にもありますが、以下のいくつかを参照してください。

神が栄光を受けるために

ヨハネ14:13

神は私たちがイエスの名によって尋ね、それを行うことを期待しています。 それは私たちが望むすべてを求めるのではなく、私たちのために、彼が私たちの生活の中で栄光を受けるために彼の願いに応じて求めることです。私たちが尋ねると、私たちは

尋ねると、それはあなたに与えられます;シーク、あなたは見つけるでしょう;ノックすると、それはあなたに開かれます。 求める者は誰でも受け入れ、求める者は見つけ、叩く者には開かれる。 あなたの息子がパンを求めるなら、あなたの誰が彼に石を与えますか?
(マタイによる福音書7章:7-9)

ここでは、神の父性の心を参照してください。 彼は子供たちに良いものを与えたいと思っていますが、私たちは尋ね、求め、呼び出し、父との関係を養い、彼に憧れを表明しなければなりません。

イエスは例を挙げたので

ヘブル人への手紙第5章7節

私たちは、イエスは、神-人間であっても、祈りと叫びの生活”わたしたちは祈りと御父との会話を通して,その敬虔で従順な心をどれだけ示さなければなりませんか!

祈り、イエスの例ととりなしすることを学ぶ

彼の平和を受け取るために

何も心配しないでください。 そして、すべての理解を上回る神の平和は、キリスト-イエスにあるあなたの心とあなたの考えを守ります。
(ピリピ4:6-7)

私たちの毎日の心配のように多くがあります! 私たちは人生の問題だけに直面する必要がないので、私たちは神の前にそれらを持って来て、彼に与え、彼に感謝することができます。 それは私達が彼の平和、私達の神の心配を示す理解できない平和を受け取ることを彼の総信頼のその態度である。H3>

ヤコブ5:15-16

私たちは神の前に健康と罪の赦しのための嘆願を含む嘆願のすべての種類をもたらすことができます。 神は物理的な癒しと精神的な癒しで私たちに触れることを切望しています。 私たちはイエスのおかげで義にかなっています(2コリント5:21)ので、私たちの祈りは効果的で強力です。

聖書が健康について言い、病気のために祈ること

それは神の恵みと慈悲に自信を表しているので

だから、私たちは慈悲を受
(ヘブル人への手紙第4章16節)

私たちが神との関係を育てればするほど、神に自信を持って近づき、神に話し、私たちのニーズを提示するこ また、彼に耳を傾け、彼の慈悲、彼の恵み、彼の平和を受け取ることがより簡単で簡単になります。私たちは祈りの中で辛抱しなければなりません

エペソ人への手紙第6章18節

私たちは、私たちの心に来るすべての状況や人々のた わたしたちはまた,信仰の中で兄弟たちのために執り成しなければなりません。 神の心によると、賢明に祈るために正確な言葉を聖霊に求めることが重要です。

あなたの祈りで天の御父に近づくことを躊躇しないでください。 あなたは祈りを通してあなたの心との関係を強化するときにあなたの心が感じる巨大な喜びを見るでしょう。あなたは聖書研究のこのリストに興味があるかもしれません。

あなたは聖書研究のリストに興味があるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です