Abiskoでオーロラを見るのに最適な時期は何ですか?

冬/春–2月と3月:

冬の終わりは、オーロラを見に来る古典的な時間です。 太陽は2月上旬にアビスコに戻り、美しい金色の光線で北極を入浴し、北極のあらゆる形態の生命は暖かさとエネルギーを楽しむようになります。 全体の地域はまだ雪の深い層で覆われており、日光と深い粉の組み合わせは本当に見るべき光景です。 湖や川はあなたに真の北極探検家のように氷を探索し、地球上の少数の人々が今まで感謝することを得るシーンで取る機会を与える上で凍結されてい Dogsledding、氷釣り、スノーシューハイキングのようなすべての私たちの冬の活動はまだ利用可能であり、日光の増加のおかげで、日中は国立公園を探索する余分な時間がたくさんあります。

シーズンの終わりに近づくにつれて、春分の周りのオーロラを見ることの利点を感じ始め、オーロラ活動がさらに増加します。 あなたはここで春分の周りの活動のこの増加についての詳細を読むと、以下の冬の終わりに私たちのツアーの一つの間にキャプチャされた別の信じ 私たちの三、四夜カスタマイズ可能なオーロラの冒険を見てみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です